53.感震ブレーカー


平成26年3月に閣議決定された
「首都直下地震緊急対策推進基本計画」では、
出火防止対策として、

『感震ブレーカー等の普及促進』
が位置づけられました。

これを受けて、内閣府、消防庁、経済産業省の連携の
もと、平成27年2月に
「感震ブレーカー等の性能評価ガイドライン」が整備されました。

「大規模地震時の電気火災の発生抑制対策の
検討と推進について(報告)」により、

特に地震時等に著しく危険な密集市街地における緊急的・重点的な
感震ブレーカー等の普及が求められています。

平成28年3月には、電気需要場所における電気工作物の
設計、施工、維持、検査の規範となる民間規格
「内線規程」が改定PDFファイルされ、
感震ブレーカーの設置が規定されました。
その中で、地震時等に著しく危険な密集市街地の
住宅などに設置することを勧告、されています。

―経済産業省リンク―
http://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/oshirase/2015/10/270105-1.pdf

■料金
3,980 円

■料金(特記事項)
◆別途送料がかかります。※30,000円以上同時購入(※組み合わせ自由)の場合は無料

ページトップへ戻る
Copyright(C) 地震対策と被災相談の【三幸ホームケアリング株式会社】 All Rights Reserved.